メーカー修理とアイフォン修理業者違いを比較しよう

アイフォン修理の依頼先を決めよう~修理専門業者のメリット~

ロゴ

メーカー修理とアイフォン修理業者違いを比較しよう

修理

落とした衝撃で壊れやすい液晶画面

アイフォンユーザーに多い修理箇所が落としてしまった衝撃で割れてしまった液晶画面です。アイフォンだけでなく一般的にスマートフォンは本体のサイズと画面のサイズが同じ大きさで、落としたときの衝撃が画面に直接伝わりやすいことから画面が簡単に割れてしまいます。アイフォンはキズに強い反面、衝撃にはあまり強くないという特徴も割れやすい原因です。

レディ

防水機能のないアイフォンは水没に注意!

アイフォンに水はNGです。水漏れや水没からアイフォン本体のコネクターの接続部分が損傷してしまったり、電源が入らなくなってしまうケースもあります。防水性を持ったシリーズも発売されていますが完全防水ではありません。防水性能がないシリーズと比べると水には強くなりましたが、完全防水ではないため水没してしまう可能性もあります。

男性

電池の持ちが悪くなったらバッテリー交換

バッテリーは消耗品です。使い続けると電池の持ちが悪くなってすぐに電池の残容量がなくなってしまいます。バッテリーが消耗していると初期症状として、電池の持ちが悪くなったり充電中や使用中に熱を発して熱くなったり、バッテリー部分が膨らんでしまいます。末期症状としては充電をしているのにすぐに残容量がなくなってしまったり、数分使っただけでも熱くなったり、熱が引かないなどの症状が出てしまいます。初期症状のうちに交換することが理想的ですが、末期症状になってしまうとアイフォン本体が壊れる可能性が高まります。壊れてしまう前に早急にバッテリーの交換をするようにします。

メーカー修理とアイフォン修理専門店の違いとは?

純正部品が使われて基盤の故障にも対応可能

メーカーで修理をすると純正部品で修理をするため、自分のアイフォンと同じ部品が使われます。また基盤が故障したときには修理専門店では修理ができない可能性がありますがメーカーでは修理をすることができます。

専門店では料金が安くスピーディ

アイフォン修理専門店では修理費用は安く抑えられていて、ほとんどのケースで1日で修理が完了します。データの初期化も基本行われないためデータの消失も防ぐことができます。